バイリンガリズムは脳に良い影響を与える

biling banner

バイリンガリズムは脳に良い影響を与える

バイリンガルの利点を言語学的な観点から見ると、単純に2ヶ国語を話すと言う以上の利点がある。バイリンガルであるということは数多くの認知メリットと関連付けられてきた。二つの言語を学習する子供は他とは違った更に複雑な方法が必要となる。例として理解の仕方と二つの言語間の異なる文法や構文を区別することである。バイリンガリズムは言語の形態の理解を深めるだけでなく、より大きな知識をはぐくみそれがメタ言語知識をさらに深める。 バイリンガルの第一言語と第二言語の関連性についての研究によれば、それぞれの言語は行動において知覚内と知覚外の両方で影響を及ぼしている事が発見された。つまり、複数の言語で物事を認識できることによってより柔軟な考えを持てるようになり、一つの言語のみ話せる者よりも言語を理解する上でより抽象的な事を理解できる傾向にある。 それは言葉を構成する上で常に無意識の内に両方の言語が相互に作用しあい、より適切な言葉の構成を促進させているからである。また、バイリンガルの言語の発達、認識、注意力そして抑制制御の優位性についての研究によれば、一つの言語のみ理解できる幼児よりも圧倒的な差がある事が発見された。以下はその例である。

    • 言語構成の理解がより自発的で、他の言語を比較的安易に習得できる。
    • 早い段階でより本を読む傾向にある。
    • 早い段階で人には自分と異なる色々な考え方を持っていることに気づく。
    • より集中力があり、切り替えが早い。

以上よりバイリンガルの特に顕著な能力として問題解決力、認識の柔軟性、注意力、抑制制御そして物事の切り替えに長けている。それはバイリンガルが言語を構成する時や理解する時は、常に微妙に異なる両方の言語の言葉概念に注意しており最も適切な意味になるように取捨選択している為である。ある実験として、言語を使用しないカードを選ぶゲームが子どもに行われた。このゲームは子どもが問題を柔軟に解決し、いかに不要な情報を排除してカードの規則性を発見するかを見きわめるものだった。結果、バイリンガルの子どもの方が圧倒的に一つの言語のみ話せる子どもよりも良い結果を残し、早い段階からバイリンガルに顕著な能力が発揮された証明となった。

異文化理解

バイリンガルは脳の発達に貢献する事は勿論だが、言語と文化が密接に結び付いている事から社会的な優位性にも貢献する。各文化にはそれぞれ人々の行動を形付けるルールがある。例えば、初対面の人と会うときの行動様式、ディベートの仕方や対話者との物理的距離などである。その文化圏で生活する者は自ずと暮らしていく過程で無意識の内にその独自のルールを身に付けている。そして二つの言語を習得することとは同時に二つの文化に接している事になる。これはつまり科学者が科学的な知識で現象を理解していくのと同じで、言語の習得によってその言語文化を理解していくことである。異なる文化を理解していく過程で主観的な善悪の幅が広がり柔軟な考えへと繋がる。 異文化理解は第二言語の習得によって深まり、異なる文化圏には自分と異なる文化があるという事に気づき、それによって自分のアイデンティティはより豊かなものになる。 Cambridge International Schoolでは英語教育の一環として異文化理解教育も行っている。多種多様なバックグラウンドを持ったネイティブ講師と接することによって異文化理解に繋がるのは勿論のこと、当校の英語教育プログラムの一環である物語や映像を通して子どもに分かりやすく異文化理解が出来るように努めている。これは異文化を最も柔軟に理解できる早期段階である幼児にも勧められる。

FAQ

子供は二つの異なる言語を聞いたときに混乱をしないのか

答えはノー。子供は人々の話し方にとても敏感である。たとえ聞いているのが一つの言語だったとしても男性と女性の話し方の違いをすぐに覚えてしまうし、丁寧な話し方とそうでない話し方の区別もつくようになる等である。子供にとっては言語の違いと言うのは人々の話し方の違いの一つに過ぎないのである。

バイリンガルの子供は言語の混同をきたすことはないのか

大人のバイリンガルのようにバイリンガルの子供も片方の言語を話しているときに他方の言語の言葉を使うことがままある。(コード・スイッチングと言う)しかしこれは単純に彼らが言語の混同をしているのではない。多くの言語は何かを説明するのに一語以上あり、または意図しない他言語からの借用もあるであろう。モノリンガルで話をしている時は適切な言葉を無意識のうちに使っているものである。

子供にどのように二カ国語を教えるか

言語教育において最も重要なことは影響と必要性である。子供は常に世界との繋がりを感じる事が必要なのと、仮に彼らが違う言語と触れ合う環境に幼少期より置かれていた場合、それを学んでしまうのだ。子供を有名インターナショナルスクールに入園させることで、彼らは英語環境かつ様々な環境に様々な人々と同時に身を置くことになり自然と英語で意思疎通を図る必要性にかられる。かくして他の言語を習得していくのである。

子供が生まれてから二つの言語環境に身を置くとバイリンガルになるのか

必ずしもバイリンガルになるとは限らないが、子供には難なくこなしてしまうことがある。難しいポイントは彼らがちゃんと英語の自然な環境に身を置けているのかどうか確かめることである。家にいるとき子供は「家庭」言語(たとえば日本語)を最も重要な言語として話す。そのため子供が強要させられていると感じない方法で、「より重要性の低い」言語(たとえば英語)を使うような十分な機会を提供することが不可欠である。ベストな方法は、言語を混在させるか、「より重要性の高い」言語に戻ることのないように「より重要性の低い」の言語が使われる環境に子供を置くことだ。ケンブリッジなどの教育機関で子供が英語を学ぶことが非常に重要であるのはこのためである。

子供がまず良いスタートをきってから、第二言語を教え始める方が良いか

それは絶対にない。全ての研究ができるだけ早く第二言語のように触れるように指摘している。遅くなればなるほど、習得をより難しくするだけでなく、間違いなく子供にそれはあまり重要なことではないと感じさせてしまい、やる気をそいでしまう結果となる。

子供たちが以前は家庭言語を使っていたのだが、現在で学校に通い、そのせいで家庭言語と英語がごちゃまぜになってしまっている。どうすればよいか

まずは落ち着くこと。誰もが両方の言語を話す場所では言語の混合は当たり前です。それは子どもたちが一つの言語を忘れてしまうことを意味することではなく、彼らが二言語間でこれ以上の違いを伝えることができないという意味ではありません。このような出来事が子どもの言語発達の重要な要素であることを心に留めておく必要がある。子供の幼少期には、おそらく家庭言語のみの環境にいて、現在彼らが学校に行っている間の一日何時間のみ英語環境に身を置き、英語で新しい単語や用法を学習している。子供は「校長」という単語を日本語ではどういう意味か知らないかもしれないが、英語ではそれを知っている場合がある。むしろ子供たちが家庭言語を忘れかけていることを心配するよりも、日本語で何を指し示すかを教えてあげるべきだ。

幼稚園のすべての子供たちが英語でいくつかの童謡やことわざを言うことができる、自分の子供は何も言えないのだが、これは正常なのか

それは完全に正常。これは、いわゆる「サイレント期間」として知られており、学校や幼稚園で第二言語を学ぶ子供たちにみられる。まだ原因は不明だが、6ヶ月以上の長い間沈黙の後、突然その期間中に蓄積した知識を他の子供たちと同じように話すようになる。言語の理解は、常に話す能力よりも早く上達する。

自分の子供は去年英語を話すことができたが、なぜか突然全て忘れてしまったようだ。何故この様なことが起きるのですか

これはあまりにもよく知られた現象である。第二言語習得には文法が鍵となってくる。いわゆる「U字型」の習得は、多くの場合管理することができる。たとえば、すでに特定の文法形式を取得した学習者は、ある程度の時が経てばすべてを忘れているような感覚に陥ることがある。よく知られた例は、時間をかけて学習者は最初の段階で異なる形式を使用することができるということ。この現象の一つは、言語の自然な上達が上達過程を含むこと、ある指定された順序で繰り返されるということだ。

自分の子供は英語でアニメをみる。これは外国語を学ぶためのベストな方法だと思う。これは間違っているのか

外国語での会話などの方法に加えアニメをみるのであれば効果的である。外国語と子供の接触がほとんど唯一の方法に限定されている場合は、子供がコミュニケーションをとれるあるレベルまで言語を取得することは可能性としては低い。ライブスピーチと人と人との相互関係により単語や表現を学ぶことの方がテレビを見て学習使用とすることよりも、はるかに効果的で重要な外国語学習の方法である。


ある語学学校は、非常に短い期間で語学学習の成功を保証する「ファストメソッド」を提供しているが、それは本当に可能なのか

それは単なるマーケティングスローガンに過ぎない。原則として、習熟度の高いレベルの語学を習得するまでの道のりは非常に長く、たとえ理想的な条件(言語に対する適応性、モチベーション、言語の頻繁な使用、周りの環境etc)が満たされた場合でも同様である。しかし、すくなくとも表向きは学習者が流暢であるという印象を人に与えることができる学習方法がある。例えば、日常会話で頻繁に使われるフレーズを組み合わせといったテクニックである。